在宅医療の患者、1日15.6万人で過去最多 「対応できる病院が増えた」

医師などが患者の住まいに行って診る「在宅医療」を受けた患者が、2014年は推計で1日あたりおよそ15万6,400人だったことが17日、厚生労働省の「患者調査」でわかった。調査を開始した1996年以来最多で、最も少なかった2005年の約2.4倍にのぼっている。

厚労省は要因を、「対応できる医療機関が増えてきたからではないか」と分析。今後の超高齢化を見据え、在宅サービスの充実に引き続き注力する構えをみせている。

調査は3年に1回行われるもの。今回は昨年10月に全国1万3,573の医療機関を調べ、そこから1日の患者数を推計した。

厚生労働省「患者調査」

それによると、在宅医療を受けている患者は前回から4万5,700人増えている。伸びが見え始めたのは2008年からだ。年次推移をグラフにした。


《 厚労省「患者調査」をもとに作成 》

在宅医療を種類別にみると、定期的に提供される「訪問診療」が11万4,800人と大きく増加している。患者の要請に応じて行われる「往診」は、34万人と前回よりやや減少した。

コメント[3

コメントを見るには...

このページの先頭へ