訪問看護Q&Aを作成 訪看協

 社団法人全国訪問看護事業協会は、平成24年4月1日より施行される介護保険改正法に伴い、「平成24年度法改正に伴う訪問看護師の責任と役割Q&A」を作成した。

平成23年9月から翌年2月まで、同会が開催した研修会などで寄せられた質問をまとめ、さらに厚労省に確認をとったものとなっている。

Q&Aは大きく「一、事業所間・職員間の連携について」、「二、研修について」、「三、その他」の3つに分かれており、「一、事業所間・職員間の連携について」では「医師と介護職員等との連携について」の項目において下記のようなQ&Aが掲載されている。

一.事業所間・職員間の連携について
3. 医師と介護職員等との連携について
 
Q)医師から指示書が出て、介護職員等が医療行為を行うことになると、介護職員等が看護職員と連携することなく、動いてしまう可能性があるのではないか。 
 
A) 登録特定行為事業者の登録基準として、「医療関係者との連携に関する事項」が定められており、医療関係者との連携を図る必要がある。

看護師のみならず、ケアマネジャーでも参考になるであろうQ&Aも掲載されているため、一度目を通してみてはいかがだろうか。

社団法人全国訪問看護事業協会

コメント[0

コメントを見るには...

このページの先頭へ