YouTubeで学ぼう 適切なケアマネジメント手法の手引き、短尺の解説動画が公開


《 介護保険最新情報Vol.1005 》

厚生労働省が6月に通知で活用を促した「適切なケアマネジメント手法の手引き」− 。その解説動画がYouTubeに投稿された。【鈴木啓純】

厚労省は24日に出した介護保険最新情報のVol.1005で周知。現場の関係者に対し、ケアマネジメントの質の向上に役立てて欲しいと呼びかけた。

適切なケアマネジメント手法とは何か?

手引きの作成にあたった日本総研の担当者は動画で、「介護支援専門員の先達が培った知見の中で、共通化できる内容を体系化したもの」と説明している。ケアマネジメントの水準を一定以上に保っていくこと、質のばらつきを無くしていくことが手引き作成の目的だ。個別性を度外視した画一的な支援を求める標準化ではない。

参考YouTube:https://youtu.be/Y5ExbRb2v5w

《 関連記事 》
厚労省、適切なケアマネジメント手法の手引きを公表!!
【解説】適切なケアマネジメント手法って何? 厚労省が手引き公表

新たな動画は全部で10本。テーマごとに分けられており、尺はそれぞれ2分から7分ほどと短い。

動画では手引きを使う意義について、「支援内容やアセスメント項目の"抜け漏れ"を防げる」「他の職種との協働や役割分担を進めやすくなる」「ケアプランの見直しがしやすくなる」の3点を指摘。手引きを活用した利用者ごとのきめ細かい支援の組み立てを呼びかけている。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ