知的障害者に虐待 元介護職員を逮捕【千葉県】

千葉県市原市にある知的障害者支援施設で、入所する男性3人に虐待行為をしてけがを負わせたとして、2021年8月5日この施設に勤務していた元職員、熊谷郁哉容疑者(26)が傷害の疑いで逮捕された。調べに対し、「けがを負わせたことは間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕されたのは、市原市惣社の元介護職員、熊谷郁哉容疑者。警察によると、熊谷容疑者は2021年3月1日から9日の間、勤務する市原市犬成の知的障害者支援施設「千原厚生園」で、30代から40代の3人の入所男性に対しはさみなどの金属で体を引っかいて軽傷を負わせた傷害の疑いが持たれている。

施設によると、別の職員が被害男性の入浴を介助していた際に傷を発見。この男性の介護を担当していた熊谷容疑者がけがを負わせたことを認めたため市に連絡し、2021年4月市が警察に通報していた。熊谷容疑者は2021年5月に解雇されている。
警察の調べに対し、熊谷容疑者は「けがを負わせたことに間違いない」と容疑を認めているという。

コメント[0

コメントを見るには...

このページの先頭へ