老人介護施設で入所者に暴行か 介護士を逮捕【岐阜県】

岐阜県多治見市にある老人介護施設で、入所する90歳の女性に顔の骨を折る大けがを負わせたとして、この施設に勤務する介護士の中村延由容疑者(41)が傷害の疑いで逮捕された。警察は、捜査に支障があるとして容疑者の認否を明らかにしていない。

警察によると、中村容疑者は2021年6月22日、勤務先の多治見市にある老人介護施設で、入所する90歳の女性の顔を殴り大けがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれている。女性は、ほお骨や上あごの骨を折る重傷。

警察によると、施設関係者からの「入所者がけがをした」という通報を受けて話を聞いたところ、女性の入浴後に中村容疑者が一人で女性に服を着せており、その際に暴行した可能性が高いとみて逮捕に至った。
警察は、中村容疑者の認否を明らかにしていない。

 

コメント[9

コメントを見るには...

このページの先頭へ