介護福祉士の年収、額面平均292万円 「不満」が「満足」を上回る 国調査

  • 政府・行政
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 19
  • 閲覧数:3,296

厚生労働省と社会福祉振興・試験センターが9日に結果を公表した最新の「就労状況調査(速報版)」− 。2019年の介護福祉士の年収は、税金や保険料などを引かれる前の額面で平均292万円だと報告されている。【Joint編集部】

この調査は昨年の11月から12月にかけて行われたもの。58万2319人の介護福祉士から有効回答を得た。年収を答えたのは44万人超。

介護福祉士などの「就労状況調査(速報版)」

それによると、2019年の介護福祉士の額面年収は平均292万円。男性は平均373万円、女性は平均269万円だった。

正規職員は全体の65.4%で、それ以外はパートや契約職員、派遣職員など。正規職員だけ、パートだけ、といった雇用形態ごとの年収は今回は示されていない。

介護福祉士の給与水準の満足度をみると、「不満」「やや不満」が28.3%。全体の4分の1を上回り、「満足」「やや満足」の17.4%より多かった。このほか「普通」が20.9%、「無回答」が33.5%となっている。

今回の調査ではこのほか、2019年の社会福祉士の額面年収が平均403万円、精神保健福祉士の額面年収が平均404万円だったとも報告されている。正規職員の割合は、社会福祉士が81.6%、精神保健福祉士が80.6%。

コメント[19

コメントを見るには...

このページの先頭へ