偽造医師免許提出か 介護施設長を逮捕【茨城県】

医師でないにもかかわらず偽造した医師免許証の写しを茨城県に提出したとして、水戸市の介護施設長、月舘静恵容疑者(70)が偽造有印公文書行使の疑いで逮捕された。警察は、認否を明らかにしていない。

逮捕されたのは、茨城県水戸市の介護施設長、月舘静恵容疑者。月舘容疑者は2021年4月、施設の管理者として働くために、医師ではないにもかかわらず偽造した医師免許証の写しを県に提出したとして、偽造有印公文書行使の疑いが持たれている。

また、医師免許を偽造した有印公文書偽造の疑いで、大阪市の中国籍、朱兆亮容疑者(37)も逮捕された。警察によると、月舘容疑者は施設で医療行為も行っていた疑いがあり、捜査を進めている。警察は、2人の認否を明らかにしていない。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ