「LIFE早期申請なら14日までに」 厚労省通知 法人内の情報共有も要請 厚労省通知vol.964


《 介護保険最新情報Vol.964 》

厚生労働省は5日、今年度から本格稼働する介護保険の新たなデータベース「LIFE」について新たな通知を出した。【Joint編集部】

介護保険最新情報のVol.964で周知している。

今回は利用申請に関する内容。公式サイトから申請を出すと、パスワードなどが記載された圧着はがきが事業所に届く。それを使ってサインアップすることが、LIFEを使い始める第一歩となる。申請は事業所番号ごとに行う決まり。

《関連記事》介護報酬の“LIFE加算”、これまでの通知の内容はこちら!

厚労省は今回の通知で、「今月14日までに申請があれば今月末頃までにはがきを送付する」と説明。「送付時期は全体の申請状況によっても変わる。早めの申請を」とアナウンスした。

通常のスケジュールは、毎月25日までに行われた申請に応えるはがきを翌月上旬に送付する、と定められている。ただ今は介護報酬改定の直後。厚労省は各種加算の算定などに遅れが生じないよう、可能な限り早く対応するとしている。

このほか厚労省は、「同じ法人内の事業所の申請状況を共有して頂きたい」と要請。以下のような事態が生じているとして、現場の関係者に広く協力を呼びかけた。

○ 同じ法人の異なる事業所をまとめて申請した場合など、当該事業所に所属しない者宛のはがきが届く結果、受け取りを拒否されることがある

○ 同じ事業所番号で重複して申請することにより、申請したにもかかわらずはがきが届かないことがある

コメント[4

コメントを見るには...

このページの先頭へ