介護施設の夜勤、休憩時間の短さを労働組合が指摘 「一刻も早い改善を」

日本医療労働組合連合会は12日、介護施設の夜勤実態を探る調査の結果を公表した。【Joint編集部】

休憩・仮眠を十分に取れない職場がある現状が改めて報告されている。

夜勤が長時間に及ぶ2交替制をとっている施設をみると、休憩・仮眠時間の平均は2時間28分。全体の約2割の施設が「1時間」と答えていた。あくまで就業規則に定められている休憩・仮眠時間の合計を尋ねた結果で、実態としては更に短いところも少なくないとみられる。

日本医労連は、「休憩・仮眠が1時間しか設けられていない状況は、労働者の健康と利用者の安全にとってこの上なく有害。一刻も早い改善が必要」と指摘している。

この調査は特養、老健、グループホーム、小規模多機能など153施設が対象。昨年6月から11月までの期間で回答を集計したという。

コメント[20

コメントを見るには...

このページの先頭へ