居宅介護支援の特定事業所加算、単価引き上げ 新区分は100単位/月


《 社保審・介護給付費分科会 18日 》

厚生労働省は18日、来年度の介護報酬改定に向けた協議を重ねてきた社会保障審議会・介護給付費分科会を開き、4月から適用する報酬・加算の新たな単位数を公表した。【Joint編集部】

居宅介護支援の特定事業所加算は、単位数が以下のように引き上げられる。また、新たな下位区分「加算(A)」が100単位/月で新設される。

新たな「加算(A)」は、事業所の体制に関する複数の要件を他の事業所との連携によって満たすことが可能。小規模な事業所でも手の届く仕組みとし、ケアマネジメントの質の向上や経営の安定化につなげてもらう狙いがある。

第199回社会保障審議会介護給付費分科会資料

特定事業所加算についてはこのほか、多様な主体の生活支援サービス(インフォーマルを含む)が包括的に提供されるようなケアプランを必要に応じて立てていることが、全ての区分の要件に新たに加えられる。

コメント[26

コメントを見るには...

このページの先頭へ