高齢者施設の経営者 傷害致死で起訴【兵庫県】

愛知県で高齢者施設を経営する男が、入居者の男性を殴って死亡させたとして、2020年12月24日暴行の容疑で逮捕された。逮捕されたのは、大矢和易容疑者(43)。入居者の男性は病院に運ばれたが死亡したとして、鹿児島地検は同日傷害致死の罪で起訴した。

・名称:ルアナガーデン焼山
・所在地:愛知県名古屋市天白区焼山1-1004
・運営事業法人:株式会社 ウェリナ

起訴されたのは、愛知県名古屋市天白区で高齢者施設を経営する大矢和易被告。起訴状などによると、2020年12月1日午前から3日午後にかけて、旅行先の鹿児島県西之表市にあるホテルの室内で、自らが経営する高齢者施設の入居者、清水優さん(75)の顔や胸などを足で蹴るなどして、外傷性ショックで死亡させたとしている。

大矢被告は、旅行で種子島を訪れていた清水さんに、介護のため11月末から同行していたということで、鹿児島県警の調べに対し「言うことを聞かないので殴った」などと供述しているという。日常的な虐待は、確認されていない。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ