ケアマネ協会・柴口会長「介護現場の逼迫は報道されている以上に深刻」 協力呼びかけ


《 日本介護支援専門員協会 柴口里則会長 》

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受けて、日本介護支援専門員協会の柴口里則会長は28日、全国のケアマネジャーへのメッセージを公式サイトに掲載した。【Joint編集部】

「医療・介護現場の逼迫した状況は、報道されている以上に深刻なもの。危機的な状況」と指摘。「高齢者の生活に大きな影響を与える医療崩壊・介護崩壊は絶対に起こしてはならない」とし、以下のように改めて呼びかけた。

「ぜひ皆様にもう一度『うつらない・うつさない』という原点に返って頂きたい。地域の専門職の皆様と連携して感染拡大の防止に努めて頂きますようお願い致します」

全国の介護支援専門員の皆様へ

ケアマネ協会はこれまでに、居宅介護支援の運営基準などの“コロナ特例”を分かりやすく図説するPDFを作成。感染症対策についての質問・相談にチャットボットで答えるサービスも作り、既に運用を開始している。

柴口会長はメッセージでこうしたツールも紹介。日々の仕事の中で役立ててはどうかと提案した。

あわせて、介護現場の実態や求められる支援などをきめ細かく把握する協会の活動にも言及。関係する情報の提供を改めて要請した。

最後は感染拡大を防ぐ取り組みに再び触れ、「繰り返しになりますが、利用者やその家族、共に支援に従事している医療・介護職の仲間のためにも、皆様のご理解とご協力をお願い致します」と締めくくった。

コメント[21

コメントを見るには...

このページの先頭へ