今年度のケアマネ試験、合格率は17.7% 厚労省が公表 8200人が突破

今年10月に実施された第23回介護支援専門員実務研修受講試験について、厚生労働省は23日に全国の結果を公式サイトで公表した。【Joint編集部】

それによると、受験した4万6415人のうち合格したのは8200人。合格率は前回(19.5%)より1.8ポイント低い17.7%だった。

※ 今月3日に配信したJoint独自集計の速報値はこちら。

新型コロナウイルスの影響が避けられない中での試験だったが、受験者数は前回から5366人増加。合格者数も182人増えた。近年の推移は以下の通りだ。


キャプション

今回の合格者を職種別にみると、最も多いのは55.9%の介護福祉士。以下、看護師・准看護師が16.9%、社会福祉士が10.0%、理学療法士が6.0%と続く。

コメント[12

コメントを見るには...

このページの先頭へ