介護現場へコロナ補助金の追加支給を 自民・厚労部会が提言

  • 政府・行政
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 10
  • 閲覧数:6,807

《 自民・厚労部会 25日 》

自民党の厚生労働部会は25日、政府が編成作業を進めている今年度の第3次補正予算案についての提言をまとめた。【北村俊輔】

新型コロナウイルスの流行に伴う厳しい状況を踏まえ、介護現場に追加で補助金を支給することを盛り込んでいる。

厚労部会は提言で、「医療・介護・福祉の提供体制を守る」とのテーマを柱の1つに据え、「補助金による福祉施設などの支援」も明記。衛生用品の確保など新型コロナ対策に必要な経費を対象とし、感染防止策を徹底しながらサービスを継続できるよう後押しすべきと求めた。

介護現場への支援をめぐり政府は、既に今年度の第2次補正予算で4100億円超の財源(*)を投入。施設・事業所のかかり増し経費への補助を幅広く実施した経緯がある。

* この4100億円超は介護職への慰労金の財源も含んだ額

自民党の提言は、冬の訪れとともに第3波が来たことを踏まえたもの。重症化するリスクの高い高齢者らを守る介護現場を支えるため、補助金の追加支給を要請した格好だ。

この日、提言の内容は大筋で了承された。厚労部会の福岡資麿部会長は会合後、26日にも下村博文政調会長に提出すると説明。第3次補正予算案への反映を目指す考えを示した。

コメント[10

コメントを見るには...

このページの先頭へ