19年度介護保険費用は10兆5,095億円、過去最高を更新 厚労省

令和元年度 介護給付費等実態統計の概況(令和元年5月審査分-令和2年4月審査分)(11/18)《厚生労働省》

厚生労働省の調査によると、2019年度(19年5月-20年4月審査分)の介護サービスと介護予防サービスの費用は10兆5,095億円で、過去最高を更新したことが分かった。介護サービスを受けた人は527万2,300人(前年度比1.8%増)、介護予防サービスを受けた人は109万2,900人(同7.2%増)だった。

・令和元年度 介護給付費等実態統計の概況 (令和元年5月審査分~令和2年4月審査分)

厚労省が18日に公表した19年度の「介護給付費等実態統計」によると、同年度内に一度でも介護サービスか介護予防サービスを受けた人は、前年度比13万7,600人(2.3%)増の611万1,100人だった。費用については自己負担額を含む数字で、福祉用具購入費や住宅改修費など市町村が直接支払う費用は含んでいない。

介護サービスの受給者のうち、居宅サービスを受けたのは401万4,200人(8万4,000人増)、施設サービスを受けたのは129万9,800人(1万5,200人増)、地域密着型サービスは120万2,400人(1万9,900人増)、居宅介護支援は364万800人(5万9,700人増)だった。費用はそれぞれ4兆4,904億円(予防分を含むと4兆7,010億円)、3兆4,797億円、1兆7,986億円(同1兆8,133億円)、4,768億円(同5,154億円)。

1人当たりの介護サービス費用、最高額は鳥取

また、20年4月審査分の受給者1人当たりの費用額は17万2,600円で、19年4月と比べて2,600円増加した。介護予防サービス受給者1人当たりでは2万8,100円、介護サービスでは19万8,400円だった。都道府県別に介護サービスの受給者1人当たり費用額を見ると、最も高かったのは鳥取の21万5,700円で、次いで沖縄21万4,200円、佐賀21万2,100円と続いた。最低は北海道の18万7,400円。介護予防サービスでは佐賀の3万7,100円が最も高く、次いで長崎3万4,500円、鹿児島3万2,500円の順だった。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ