老人ホーム入所中の女性から600万円窃盗 介護職員逮捕【東京都】

警視庁は2020年9月3日、東京都世田谷区にある介護付き有料老人ホームで入所中の80代女性のキャッシュカードを盗み、預金600万円を引き出したとして介護職員の石岡圭太容疑者(44)を窃盗の容疑で逮捕したことを発表した。女性は80代の夫とともに入所しているが認知症を患っており、施設では主に石岡容疑者が介護を担当していたという。

北沢署によると、石岡容疑者が逮捕されたのは9月2日。石岡容疑者は2019年10月から2020年4月にかけ、女性の部屋からキャッシュカードを無断で持ち出し、通勤途中などに6回にわたり銀行のATMで計600万円の現金を引き出した疑いが持たれている。被害者女性の息子より「身に覚えがない多額のお金が引き出されている」と警視庁北沢署に相談があり事件が発覚した。石岡容疑者は「お金がなくてやってしまった」などと容疑を認めている。

コメント[8

コメントを見るには...

このページの先頭へ