有料老人ホームでクラスター 入居者と職員合わせて18名に【神奈川県】

神奈川県逗子市にある介護付き有料老人ホーム「けいすいone’sホームゆるりと」で、2020年8月2日から5日にかけて複数の新型コロナウイルス感染者が確認され、集団クラスターが発生したことが明らかになった。

逗子市の介護付き有料老人ホーム「けいすいone’sホームゆるりと」では、2020年8月2日から5日にかけて80代の女性入居者3名、40代から50代の介護職員3名の計6人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。その後も入居者、介護職員ともに感染が明らかになっており2020年8月17日時点で入居者8名、職員10名の計18名の感染が分かっている。感染が明らかになった18名のうち、17名は「神奈川県の指定施設」で療養中、残り1名は県の指示を受けるまで自宅待機している。

コメント[7

コメントを見るには...

このページの先頭へ