長寿医療制度改革、現行制度を見直し65歳以上を全て被保険者に 自民党

「指定地域密着型サービスに係る市町村独自の高い報酬の算定について」の一部改正について(3/13付 通知)《厚労省》

厚生労働省は3月13日付けで都道府県等の介護保険主管部(局)長宛てに、「指定地域密着型サービスに係る市町村独自の高い報酬の算定について」の一部改正に関する通知を出した。

市町村が通常より高い報酬の算定基準を設定する場合は、「指定地域密着型サービスに要する費用の額の算定に関する基準」に基づいて、あらかじめ厚生労働大臣の認定を受けることが必要となっている。平成21年度介護報酬改定で、報酬告示の一部を改正したことに伴って、この通知により報酬告示との整合性が図られている。別紙には、新旧対照表(P2~P6参照)や改正後全文(P7~P10参照)が掲載されている。


提供:厚生政策情報センター

■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/20090318-1.pdf


ダウンロードしていただく資料は、PDFファイル形式でご提供しております。
ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

なお、ご提供する解説記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。
また、資料については、コピーして他者に手渡すなどは許可をしていますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

コメントを見るには...

このページの先頭へ