厚労省、次期介護報酬改定に向けた実態調査を開始 現場に協力を要請


《 介護保険最新情報Vol.867 》

来年4月に迫る介護報酬改定に向けた国の実態調査がスタートした。厚生労働省は現場の関係者に広く協力を要請している。【Joint編集部】

・厚労省通知vol.867 平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和2年度調査)への協力依頼について

介護保険最新情報のVol.867を12日に発出。「今後の議論の基礎資料として活用される大変重要なもの。特段のご配慮を」と呼びかけた。

調査は前回の2018改定の影響を詳しく把握し、次に打つべき施策の立案に役立てることが目的。厚労省が毎年行っているもので、今年度は訪問介護や福祉用具、グループホームなどにフォーカスした計5種類が用意された。

調査票の発送は今月3日から始まり、来月11日にも終了する予定。提出期限は調査によって異なるが、早いものでは今月末に設定されている。厚労省は「提出期限が少し過ぎてしまっても大丈夫。できる限りご協力ください」としている。

調査結果の確定は来年とするが、10月にも速報値を明らかにする方針。次期改定をめぐる議論は秋から本格化させ、年内にも大枠の方向性を固めたい考えだ。

コメント[1

コメントを見るには...

このページの先頭へ