コロナ患者の遺体への直接的ケアは防護具着用を 厚労省事務連絡

「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等に関するガイドライン」の周知について(7/29付 事務連絡)《厚生労働省》

厚生労働省健康局結核感染症課と医薬・生活衛生局生活衛生課は、新型コロナウイルス感染症で死亡した患者(疑いを含む)の遺体の処置や納棺などの対応策を記載したガイドラインに関する事務連絡(7月29日付)を都道府県、保健所設置市、特別区に出した。遺体に直接的なケアを行う際は、サージカルマスク、手袋、長袖ガウン、目の防護具(フェイスシールドまたはゴーグル)を着用するよう求めている。

ガイドラインでは、感染管理の観点から、非透過性納体袋に遺体を収容することを推奨している。遺体が非透過性納体袋に適切に収容され、適切に管理されていれば、遺体から感染するリスクは極めて低くなることを説明。遺体を収容・密閉した後、非透過性納体袋の外側を消毒することを求めているが、その理由に関しては「遺体を収容する際に、非透過性納体袋の外側に付着することが予想される体液等に対して行うもの」と説明している。

臨終後に立ち会うことになった濃厚接触者への対応も記載している。濃厚接触者に対しては「三密を避け、お互いにマスクを着用し、人との距離(可能な限り2m)を意識する」といった感染対策を徹底するよう促している。

また、遺族などに対しては、▽遺体からの感染を避けるため、接触感染に注意する必要があること▽接触感染に対しては、手指衛生の徹底などの一般的な感染対策を行うことで十分に感染のコントロールが可能であること▽思わぬリスクを避けるため、遺体などを取り扱う事業者の指示に従うこと▽24時間以内の火葬が可能であるが義務ではないこと-を説明する必要性を挙げている。

遺体などを取り扱う事業者に対しては、新型コロナウイルス感染症患者の遺体であることを説明する必要性を提示。遺体搬送後に新型コロナウイルス感染症患者であると確定した場合は、速やかに遺体を取り扱う事業者や遺族などに伝達するよう求めている。

エンゼルケア(死後処置)についても取り上げており、現時点では、新型コロナウイルス感染症で死亡した人の整容を行う事業者はほとんどいないことを説明している。また、非透過性納体袋に収容するまでが遺体の整容を行える最後の機会であることを考慮し「最期の場面にふさわしい容貌」となるように、可能な範囲で配慮することを要望。エンゼルメイクを行う場合は、体液などとの接触リスクが低減した状況を整えた上で、手袋をしてメイクを行うよう求めている。

コメント[1

コメントを見るには...

このページの先頭へ