介護老人保健施設でクラスター発生 新型コロナ感染者26人に【熊本県】

熊本県と熊本市は、山鹿市の介護老人保健施設「太陽」で2020年7月26日に職員1人が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、クラスターが発生したとみて警戒を強めている。同施設では、26日までに職員、入所者合わせて22人の感染が明らかになっている。

〈施設の詳細〉
・名称:介護老人保健施設 太陽
・住所:熊本県山鹿市鹿本町津袋654-1

熊本県によると、介護老人保健施設「太陽」では26日までに入所者16人と職員6人合わせて22人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになっており、さらに26日には職員1人の感染を確認、クラスターが発生したと判断した。感染が判明している入所者は70~90代の男女、職員は40~60代の男女で、26日に感染が分かった職員の友人(山鹿市・20代男性会社員)も、陽性が確認されている。また、28日にも新たに職員2人と入所者1人の感染が分かり、7月29日時点での感染者は合計26人となった。

コメント[2

コメントを見るには...

このページの先頭へ