訪問介護、通信学習での研修修了評価を可能に 厚労省が事務連絡

新型コロナウイルス感染症に係る介護員養成研修(介護職員初任者研修・生活援助従事者研修)の臨時的な取扱いについて(4/30付 事務連絡)《厚生労働省》

厚生労働省は4月30日、訪問介護に従事する職員を養成する研修について、全ての科目の受講と修了評価を通信形式で実施できるよう一時的に認める事務連絡を都道府県に対して出した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対応として、訪問介護の資格を持たない人材の活用を臨時で認めたことに続く緩和措置。

・新型コロナウイルス感染症に係る介護員養成研修(介護職員初任者研修・生活援助従事者研修)の臨時的な取扱いについて

訪問介護員として働くには、都道府県が実施する「介護職員初任者研修」(130時間)や「生活援助従事者研修」(59時間、生活援助中心型サービスに従事する場合)を受けるか、それに匹敵する要件を満たしている必要がある。

従来はそれぞれの研修科目ごとに、通信形式で受講ができる時間の上限が定められている。また、講義と演習の一体的な実施も必要。今回の措置では、全ての研修過程を通信形式で修了した人材を従事させるに当たって、有資格者との同行訪問などを通じたOJT等を事業所に行わせるよう求めている。

また、従来の研修が再開された場合は、実務に就いた経験などを踏まえて補講などを行うことも明記している。

厚労省はこれまでに、新型コロナウイルス感染症への対応策として、「通所介護等の利用が出来なくなった発熱等の症状のある利用者に対する訪問介護の提供増加や職員の発熱等により、人員基準上の必要な資格を持った人員が確保出来ない場合」などを挙げ、一時的に訪問介護員の資格を持たない人材によるサービス提供を認めてきた。

コメント[16

コメントを見るには...

このページの先頭へ