新型コロナで心のケア、精神保健福祉センターなどで対応 厚労省

精神保健福祉センター等における新型コロナウイルスに関する心のケアについて(2/18付 事務連絡)《厚生労働省》

厚生労働省は18日、新型コロナウイルスに関する心のケアについての事務連絡を都道府県と指定都市に出した。新型コロナウイルス感染症問題に起因するストレス、トラウマなどの精神上の問題に関する相談があった場合、精神保健福祉センターなどで対応するよう求めている。

・精神保健福祉センター等における新型コロナウイルスに関する心のケアについて

対応に当たっては、厚労省のホームページや国立精神・神経医療研究センターのストレス・災害時こころの情報支援センターの情報提供などを活用するよう促している。

新型コロナウイルスに関する心のケアを巡っては、厚労省が7日に中国湖北省武漢市からの帰国者に関する事務連絡を都道府県と指定都市に発出。政府が開設する宿泊施設に2週間滞在後に自宅に戻っても「心理的なケアを要する場合」があり得るとしていた。

コメント[7

コメントを見るには...

このページの先頭へ