新型コロナウイルスで「帰国者・接触者外来」、2月上旬めどに

新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制について(2/1付 事務連絡)《厚生労働省》

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、厚生労働省は、感染の疑いのある人を診察する「帰国者・接触者外来」を二次医療圏ごとに1カ所以上、2月上旬をめどに設置するよう求める事務連絡を各都道府県に出した。その外来では、ほかの患者と接触しないように診察室を分けることや必要な検査体制の確保、医療従事者への十分な感染対策などを実施することも求めている。

厚労省はまた、感染の疑いのある人に「帰国者・接触者外来」を受診してもらうよう調整する「帰国者・接触者相談センター」を、2月上旬をめどに各保健所などに設置することも要請した。

事務連絡には、一般の医療機関が行う対応方法も記載。患者がその外来を受診すべき疑い例であることが受付などで判明した場合、同相談センターに連絡した上で、その外来の受診を案内するよう管内の医療機関に周知することとしている。

厚労省によると、新型コロナウイルス感染症の疑い例の現時点での定義は、▽発熱(37.5度以上)、かつ呼吸器症状がある▽発症から2週間以内に中国・武漢市を含む湖北省への渡航歴があるか、その渡航歴があって発熱、かつ呼吸器症状のある人との接触歴がある-のいずれも満たす場合としている。

コメント[2

コメントを見るには...

このページの先頭へ