デイサービスで架空請求などの不正受給【静岡県】

静岡県は2020年1月16日、掛川市でデイサービスなどを運営する介護事業者「ねねの里」で、架空請求などによる介護報酬の不正受給があったことを明らかにした。

〈事件があった事業者〉
・事業者名:有限会社 ねねの里
・所在地:掛川市和田22番地の1

〈対象となった事業所〉
・事業所名:ねねの里 デイサービスセンター
・所在地:静岡県掛川市上内田875

事件の詳細

デイサービスの他、居宅介護支援や訪問介護を運営する同事業所では、ケアプランに記載することなく利用者を常態的に医療機関に受診させたり、実際には送迎サービスを行っていないにもかかわらず、介護報酬に含めて請求したりと複数の不正が見つかった。不正に受領した介護報酬は282万円にのぼり、県は加算金を含めた約395万円を返還するよう掛川市などに要請する方針。また、県は2020年2月1日から3ヶ月間、請求できる介護報酬の上限を5割カットする処分を行うと発表している。

コメント[3

コメントを見るには...

このページの先頭へ