映画「ケアニン」最新作、4月3日から公開へ 予告編も解禁


《 ユナイテッドエンタテインメント提供 》

利用者やその家族と真っ直ぐに向き合う熱心な介護職を描く映画「ケアニン」− 。その最新作「ケアニン~こころに咲く花~」の公開日が今年4月3日に決まった。【Joint編集部】

配給元のユナイテッドエンタテインメントが明らかにした。ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開されていく。

キャッチコピーは「認知症になっても、その愛だけは僕が消させない」。今回も認知症の高齢者への支援が重要なテーマに据えられている。待望の予告編も解禁された。

新作の舞台は大型の特別養護老人ホーム。小規模多機能から転職してきた主人公の大森圭(戸塚純貴)は、多くの利用者をみるための効率やリスク管理を優先する施設に戸惑いを抱く。より良い介護の実践を目指して奮闘する日々のなか、新たに入所してきた認知症の美恵子とその夫のある「願い」を知り……。そんなストーリーだという。

前作の「ケアニン~あなたでよかった~」の公開は2017年。これまでに全国各地のホールで1200回を超える上映が行われ、介護職の魅力を真正面から伝えるその内容が多くの共感を集めてきた。

監督は鈴木浩介氏。今回も製作過程では介護現場への取材が重ねられ、様々な事業者や関係団体などが撮影に協力してきた経緯がある。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ