特別養護老人ホームで横領 入所者の現金を着服【北海道】

北海道札幌市清田区の特別養護老人ホーム「緑愛園」で2019年10月30日、経理を担当していた元契約職員村上いづみ容疑者(53)が入所者の現金約100万円を着服したとして逮捕されたことが明らかになった。

<事件があった介護施設>
・名称:特別養護老人ホーム 緑愛園
・住所:北海道札幌市清田区北の1条1丁目6番28号
・入所定員:82名
・経営主体:社会福祉法人ほくろう福祉協会

事件の詳細

警察によると、村上容疑者は2013年1月から2017年1月までに、入所者13名の親族から預かった、入所者名義の預金口座に入金するための現金約100万円を着服した疑いが持たれている。当時、村上容疑者は同施設内で経理を担当しており、預かった現金や印鑑、預金通帳を管理する立場であったが、その後管理者が替わり金額が合わないことから事件が発覚。施設側は村上容疑者を懲戒免職とし、2018年3月には630万円の業務上横領の疑いで告訴状を提出、それを受けた警察が捜査を進めていた。同施設では今回発覚した約100万円の横領の他に、別の入所者10人余りが被害に遭っており、総額約600万円が流用されていた疑いがあるとのことで、余罪についても立件する方針。調べに対し村上容疑者は「覚えていません」と容疑を否認している。

電話取材に対し施設側は「こちらも詳細が分からず困っております。すでに(元職員は)退職しており、何もコメントすることはございません」と話している。

コメント[22

コメントを見るには...

このページの先頭へ