介護保険最新情報Vol.742 通所・訪問リハの「VISIT」、専用サイトから利用申請可能に 28日から


《 介護保険最新情報Vol.742 》

通所・訪問リハビリテーションの質の評価データ収集システム、いわゆる「VISIT」の利用申請受け付け機能が新たにリリースされる。今月28日の8時からスタートする予定。

厚生労働省が17日にアナウンスした。介護保険最新情報のVol.742で広く周知している。

■介護保険最新情報Vol.742

VISITの利用申請はこれまで、事業所から厚生労働省へ直接メールで連絡するしか手段がなかった。今回のリリースにより専用Webサイトを通じて行えるようになる。

これに伴い、25日の20時から28日の7時まで一時的にVISITのサーバーが停止される。サイト開設準備のためのメンテナンス期間だという。

厚労省は利用申請受け付け機能に関する質問に、VISITヘルプデスク(visit@toshiba-sol.co.jp)で対応するとしている。

VISITは通所リハ事業所、訪問リハ事業所からリハビリテーション計画書などの情報を収集するもの。2016年度に構築された。

エビデンスに基づく“科学的介護”を展開するための重要な基盤の1つ。2018年度の前回の介護報酬改定では、VISITへの情報提供がより高い点数の加算を取るための要件として設定された。

コメント[8

コメントを見るには...

このページの先頭へ