高齢者の事故、転倒が8割超 救急搬送も年々増加 消防が注意を喚起

  • 事故・違反
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 26
  • 閲覧数:2,583

増え続ける高齢者の日常生活における事故について、東京消防庁が改めて注意を喚起している。とりわけ転ぶ事故が多く、引き続き周囲の気配り、サポートが欠かせない。

東京消防庁管内では、2014年から2018年までの5年間におよそ36.5万人の高齢者が生活中の事故によって救急搬送されている。

救急搬送データからみる高齢者の事故

圧倒的に多いのが転倒だ。実に全体の81.7%を占めている。その数は年々増加し、2018年には5万8368人が救急搬送された。

このうち約4割は、搬送後に入院する必要がある中等症以上と診断されている。中等症以上の割合は、年齢が高くなるにつれて上昇するという。

転倒事故の発生場所は自宅などの住まいが最多。全体の56.2%を占めており、「道路・交通施設(34.5%)」より多い。特に居室・寝室が目立つが、玄関・勝手口や廊下、トイレなどで起きるケースも少なくない。

東京消防庁はこのほか、階段などから落ちる事故、食事や服薬の際に喉に詰まる事故、風呂で溺れる事故、ぶつかる事故により、2018年までの5年間に管内で5万1517人が救急搬送されたと報告している。

そのうえで、「本人だけでなく家族や地域で事故について考えることが重要」と強調。「加齢に伴う身体機能の変化や事故の傾向について知り、事前の防止対策を」と改めて呼びかけている。転倒事故の注意点としては、

○ 立ち上がる時は近くのものにしっかりとつかまる

○ 着替える時には無理して片足立ちせずに腰かける

などを例示し、周囲にも適切な配慮を促している。

コメント[26

コメントを見るには...

このページの先頭へ