「だいじをギュッと!ケアマネ実践力シリーズ」新刊 『モニタリング:準備から実践の流れ、事後対応まで』中央法規

中央法規出版株式会社が発行する『だいじをギュッと!ケアマネ実践力シリーズ』から、新刊『モニタリング 準備から実践の流れ、事後対応まで』が2019年8月30日に発売された。

同シリーズは、これまで医療連携、施設ケアマネジメント、ケアプランの書き方、サービス担当者会議など、ケアマネ業務に役立つ情報をコンパクトにまとめたシリーズとして好評を博してきた。今回のモニタリングがシリーズ最新刊となっており、モニタリングの事前準備から実践の流れ、さらに事後対応まで、押さえておきたいポイントが図とともにわかりやすく解説されている。ケアプランをより最適化するために、利用者理解をどう深め、どこをチェックしていくべきかの勘所が学べる内容で、新人研修にもおすすめの一冊。

内容紹介

■モニタリングの成否は「事前準備」で8割決まる■
モニタリングにおいて利用者さんのどこに着目するかは、事前に整理し、入念に準備しておくことが大切です。事前準備で自分なりの「物差し」をきちんと整えて、モニタリングに臨むことが、利用者さんの変化に気づき、ケアプランを最適化していくことにつながるのです。本書では、こうした事前準備の仕方を丁寧に解説しています。

■実際の流れから事後対応まで■
モニタリングをどんなタイミングで行うべきか、その具体から、実践の場面で見るべきポイントを詳細に解説しました。さらに、モニタリング後の記録や指導・監査のポイントまで、一連の流れを通して学べます。最後には、逐語事例での振り返りでモニタリングの勘所を押さえます。

【主な目次】
第1章 モニタリングは、なぜ大切なのか?
第2章 モニタリングに必要な事前準備
第3章 モニタリングのタイミングについて
第4章 いざモニタリングへ。実践の流れ
第5章 モニタリング後の対応について
第6章 事例で振り返るモニタリングの勘所
内容(「BOOK」データベースより)

利用者理解を深めて、ケアプランを最適化!その人の過去と今を未来へつなぎ、よりよい支援に導くポイント!豊富な図表・イラスト、見開き構成でビジュアルに解説!!

単行本: 189ページ
出版社: 中央法規出版 (2019/8/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4805859342
ISBN-13: 978-4805859346
発売日: 2019/8/30

▼アマゾンで見る

コメント[22

コメントを見るには...

このページの先頭へ