80代女性入所者の頭殴り介護福祉士を逮捕 富山県

2019年8月28日、富山県射水市の介護老人保健施設「みしま野苑一穂」で、入所中の80代女性の頭を殴るなどして怪我を負わせた疑いで、当時介護福祉士として勤務していた笠井駿平容疑者が逮捕されたことが明らかになった。

事件があった介護施設
・名称:みしま野苑一穂
・住所:富山県射水市三ケ508
・入所定員:100名
・経営主体:医療法人社団 楽山会

事件の詳細

警察によると笠井容疑者は2019年7月20日の午後10時半頃、同施設に入所中の80代女性の頭を右手の拳で複数回殴り、打撲などの怪我を負わせた疑いが持たれている。女性は認知症を患っており、会話はできるものの自力で歩くことはできず、常に介護が必要な状態であった。

事件当日、笠井容疑者は夜勤勤務中で、女性が入所していた2人部屋に入った際に殴ったとされている。7月下旬に他の職員から相談を受け、警察が捜査を進めていた。笠井容疑者は、警察の調べに対し「何度も呼び出されイライラして何度も殴った」と容疑を認めており、警察は今後詳しいいきさつを調べることにしている。施設によると、笠井容疑者は7月末付で懲戒解雇された。

施設側のコメント

電話取材で施設側は「詳しいことはお話できませんが、今回のことに関しまして本当に申し訳ないと思っております。普段から職員の指導をしてきたつもりですが、今後さらに研修などを行ってこのようなことがないように徹底していきます。本当に申し訳ありませんでした」とコメントしている。

コメント[33

コメントを見るには...

このページの先頭へ