老化が発がんのリスク要因に、メカニズム一部解明 国がん

老化に起因した発がんメカニズムの一部解明 がん発生予防の可能性を示唆(9/5)《国立がん研究センター》

国立がん研究センター(国がん)は5日、細胞の老化が発がんのリスク要因となるメカニズムの一部を、発がん・予防研究分野の研究チームが解明したと発表した。これにより、予防できないと考えられていたがんについて、損傷したDNAの修復を促すことなどにより予防できる可能性があるとしている。

国がんの研究チーム(責任著者・吉岡研一主任研究員)は、細胞の老化によりDNA修復能力が低下し、DNAの損傷が蓄積して変異のリスクが上がり、がんを発生させることを見いだした。国がんは、これまでの研究において、老化と発がんの関係を明確に示したものはなく、本研究で明らかになったとしている。

発表論文は、2日付「Nature communications」に掲載された。

がんの発生要因には、喫煙や飲酒など生活習慣によるものと、そうでないものが挙げられる。生活習慣によらないものはリスク要因が明確ではなく、遺伝子の変異も無秩序であることから予防できないと考えられていた。国がんは、この研究結果により、損傷したDNAの修復を促すなどの方法で予防できる可能性を示唆した。

また、老化に起因するがんは、ゲノム不安定性を伴い変異導入されることがこの研究で示されたことから、今後は損傷したDNAの修復によるゲノム安定性の保持について研究を進め、新たながん予防応用へ研究を展開する方針だ。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
老化に起因した発がんメカニズムの一部解明 がん発生予防の可能性を示唆 P1~P4
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[22

コメントを見るには...

このページの先頭へ