介護留学生、前年度から倍増の2千人超 介護福祉士養成施設協調査

介護福祉士養成施設への入学者数と外国人留学生(平成27年度から令和元年度)《日本介護福祉士養成施設協会》

2019年4月に介護福祉士養成施設へ入学した外国人留学生(介護留学生)は2,037人で、18年度の1,142人の約1.8倍に増加したことが、日本介護福祉士養成施設協会(介養協、東京都千代田区)の調査で分かった(参照)。

調査対象となる養成施設数は、16年4月の401課程から3年連続で減少し、375課程だった。入学者数は18年度より126人増の6,982人となった。このうち、「新卒者等」は4,180人、離職者訓練受け入れ数が765人で、介護留学生が全体の約3割を占めた(参照)。

介護留学生の出身国は26カ国で、▽ベトナム1,047人▽中国212人▽ネパール203人▽フィリピン163人▽インドネシア106人▽ミャンマー99人▽スリランカ95人▽韓国28人▽モンゴル18人▽その他66人(17カ国)(参照)。

介護留学生数の直近5年間の推移は、▽14年度17人(5カ国)▽15年度94人(9カ国)▽16年度257人(15カ国)▽17年度591人(16カ国)▽18年度1,142人(20カ国)-となっている(参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
介護福祉士養成施設への入学者数と外国人留学生(平成27年度から令和元年度) P1~P1
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[18

コメントを見るには...

このページの先頭へ