認知機能訓練をトータルサポート シャープ、介護現場向け新ソリューション発表


《 頭の健康ゲーム 利用イメージ 》

シャープは17日、高齢者の認知機能訓練を支援する介護現場向けの新ソリューション「頭の健康管理サービス」の提供を8月1日から始めると発表した。施設やデイサービスなどへの導入を想定している。

高齢者のアセスメントや訓練計画の作成、日々のおすすめ訓練の提示、訓練結果の記録、集計、見える化まで、一連の業務プロセスを合理的・効率的にサポートする機能を持つ。

特徴は40V型の大きなタッチディスプレイ「BIG PAD」。ここに表示される項目にチェックを入れていけばアセスメントも完了する。高齢者が1人でも苦労なく使える設計を目指したという。


《 BIGPADアセスメント画面イメージ 》

「介護スタッフの作業量を削減し、業務効率化に貢献する」。公式サイトではそうPRしている。

「頭の健康管理サービス」の提供を開始

認知機能訓練はゲーム形式で20種類。本人の状態などに応じて、それぞれの目標達成に有効なゲームが自動で選択される仕組みだ。東北大学加齢医学研究所・所長の川島隆太教授が監修した。

認知機能訓練の結果・履歴は利用者ごとにクラウドで管理される。職員は推移や傾向などをブラウザで確認でき、周囲への的確な報告・情報共有やきめ細かいケアの実践につなげられる。


《 BIGPAD訓練手帳画面イメージ 》

価格は年間約25万円からでオプションによって変動する。シャープの担当者は「デイサービスやデイケアなどを中心として早期に2800程度の施設・事業所へ導入していきたい」と話している。

コメント[19

コメントを見るには...

このページの先頭へ