介護施設で11人が続けて死亡【熊本県】

熊本県八代市の介護老人保健施設「アメニティゆうりん」で、2018年2月~5月の約4ヶ月間に11名もの入所者が死亡していたことが明らかになった。同施設ではこの期間、県条例で義務付けられている常勤医を置かず、県から勧告を受けていた。

問題があった介護施設
・名称:アメニティゆうりん
・住所:熊本県八代市古閑浜町西塩浜3401
・入所定員:85名
・経営主体: 医療法人社団優林会

事件の概要

「アメニティゆうりん」は、同市で整形外科医院を営む「医療法人社団優林会」が運営する施設で、理事長は県医師会理事の林邦雄医師(76)が務めている。関係者によると、2018年1月に常勤医が休職。2~5月の間後任がおらず、林理事長が兼任という形をとっていたが、県条例では入所者が100以下の場合常勤医師1名以上の配置を義務付けており、同年4月、5月の2回、早急に常勤医を配置するよう勧告を受けていた。同施設では、その約4ヶ月の間に86~100歳の入所者計11名が死亡。うち8名は林医師により「老衰死」と診断されている。

施設側のコメント

関係者は取材に対し「施設長不在のため、何もお話することができません。申し訳ありません。」とコメントしている。

コメント[20

コメントを見るには...

このページの先頭へ