東京23区の孤立死、過去最多に 「身近に感じる」が倍増 高齢社会白書

  • 政府・行政
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 23
  • 閲覧数:1,066

多くの人が決して他人事ではないと考えている現状が改めて浮き彫りになった。

政府が18日に閣議決定した今年の高齢社会白書では、東京23区で2017年に自宅で孤立死した高齢者が3333人にのぼったと報告されている。

前年(3179人)より154人増え、過去最多を更新した。白書では孤立死を、「誰にも看取られることなく亡くなった後に発見される死」と説明している。

死因が分からない急性死や事故で亡くなった人の検案、解剖などを行っている東京都監察医務院のデータ。近年の23区内の推移は以下の通り。

1人暮らしの半数超が「身近に感じる」

今年の高齢社会白書では、「孤立死を身近に感じるか?」と60歳以上の人に尋ねた結果も公表された。昨年11月に調査を行い、1870人から有効な回答を得たという。

それによると、「とても感じる」が9.1%、「まあ感じる」が24.9%。合わせると34.0%で「感じる」が3割を超えた。前年の17.3%から一気に倍増している。

これを1人暮らしの人に限ってみると、「とても感じる」「まあ感じる」の合計は50.8%と半数を超える。前年(45.4%)より5.4ポイント増えていた。

コメント[23

コメントを見るには...

このページの先頭へ