老人ホーム入所者暴行死 元職員逮捕【東京都】

東京・品川区の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ北品川」に入居中の男性(82)が暴行を受け死亡した事件で、警視庁は2019年5月22日、元介護職員の根本 智紀容疑者(28)を殺人の疑いで逮捕した。

<事件が起きた施設>
サニーライフ北品川
・住所:東京都品川区北品川3-8-6
・入所定員:66名
・運営元:株式会社 川島コーポレーション

事件の概要

根本容疑者が宿直勤務をしていた2019年4月3日の夜から4日にかけ、入居中の黒澤喜八郎さん(当時82)に暴行し、死亡させた疑いが持たれている。関係者によると、根本容疑者は4日午前1時半頃「(黒澤さんが)胸が苦しいと言っている」と自ら119番通報、黒澤さんは病院へ搬送されたが、翌5日午前6時頃に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は内臓損傷による出血性ショックで、肋骨骨折に加え、内臓も激しく損傷していたという。廊下に設置された防犯カメラには、這いつくばるようにして部屋から出ようとする黒澤さんに対し、根本容疑者が足を掴んで乱暴に引きずる様子が記録されていた。警視庁の調べに対し根本容疑者は「暴行を加えたということはありません」と容疑を否認している。

コメント[14

コメントを見るには...

このページの先頭へ