外国人受け入れ拡大、フィリピンの試験「即定員」で日程追加 厚労相


《 根本厚労相 》

今月から新設された在留資格「特定技能」に基づく介護現場への外国人の受け入れをめぐり、根本匠厚生労働相は16日の閣議後記者会見で、フィリピンで実施している入国試験の回数を急遽増やす方針を示した。

フィリピンのマニラでは今月13日と14日に初の入国試験が行われた。受験申し込みの受け付けが始まったのは3月20日。その日のうちにすぐ125名の定員がいっぱいになった経緯がある。

根本厚労相はこうした動向について、「初日で申し込みが上限に達するほど多くの希望者がいる。世界の数ある国の中から、日本の介護現場で働くことを選んで頂いたということ。非常にありがたく感じている」と語った。

そのうえで、「受験会場の規模などの課題もあった。次の試験はいつなのか、早く開催して欲しい、という要望が多く寄せられている」と説明。当初は第2回を6月に行うとアナウンスしていたが、5月と6月で計3回実施するプランに変えたと報告した。

具体的な日程は以下の通り。3回の定員の合計は745名程度とされている。

第2回:5月25日~27日
第3回:6月15日~16日
第4回:6月22日~24日

詳細は厚労省公式サイト
新たな外国人材の受入れについて

根本厚労相は会見で、「今後も追加の試験を実施する検討を進めていく」と言明。「日本の介護現場で働こうと希望する方が、1人でも多く受験できるようにしっかりと準備を進めたい」と述べた。厚労省は現在、日本国内やインドネシア、ベトナムなどでも入国試験を開催できるよう調整を進めている。

コメント[15

コメントを見るには...

このページの先頭へ