介護サービス情報公表システムのスマホアプリ、4月リリース

厚生労働省は2日、介護施設・事業所の情報を広く提供する「介護サービス情報公表システム」の充実に向けて、4月にスマートフォンアプリの提供を始めると発表した。

iOS版、Android版の双方をリリースするが、審査手続きなどの影響でiOS版は少し遅れる見通し。

介護サービス情報公表システムは、利用者の利便性を高める目的でつくられたもの。厚労省の専用サイトにアクセスすれば、知りたい地域にどれくらい施設・事業所があるか検索できるほか、サービスの内容や運営の理念、連絡先などを調べられ、それぞれを比較・検討するのに役立てられる。

新たなアプリは、GPSを使って検索をよりスムーズに行えるなど、スマホならではの強みを活かした設計。介護保険の仕組みや専門用語の解説もあり、基礎的な知識を得ることも可能だ。厚労省の担当者は、「使い勝手がかなりよくなるはず。コンテンツもさらに増やしていき、多くの人に使ってもらえるようにしたい」と話している。コンテンツについては今後、多様な生活支援サービスや地域包括支援センター、いわゆる「お泊まりデイサービス」、介護職員が受けている研修なども充実させるという。

コメント[10

コメントを見るには...

このページの先頭へ