介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

MDS-HC方式(MDS-HCほうしき)

在宅のケアプラン作成のための、アセスメント方式(課題分析手法)の一つです。ケアしていく上での30の領域を、機能面、感覚面、精神面、健康問題、ケアの管理、失禁の管理に区分しています。現場に役立つことを第一の目的とし、評価に当たっては高齢者の機能とQOL(生活の質)を重視し、必要に応じて専門機関に照会すべき状況についても提示されています。そもそもMDS方式とはアセスメント表としてのMDS(Minimum Data Set)と、ケアプラン作成上の検討指針であるRAPs(Resident Assessment Protocols)、またはMDS‐HC(Home Care)の場合はCAPs(Client Assessment Protocols)で構成される、アセスメント・ケアプラン作成ツールであり、利用者のニーズや能力・機能を的確に把握して、ケアプランの作成・修正・評価を行いながら、それぞれ個々に合った最良のケアを提供出来るようにする為のツールをMDS方式といいます。おなじみのMDSですが、もともとはアメリカで開発され、全米のナーシングホームで使用が義務となっている長期ケア施設の為の「MDS RAPs」を元に、その導入にかかわった各国研究者や非営利団体、インターライによって開発されたのが在宅版の「MDS-HC CAPs」となります。在宅版と施設版でアセスメント項目を共有しているので、一体的に使用することが可能なんです。在宅、施設のどちらでも対応出来るほか、在宅と施設を行き来することの多い高齢者のアセスメント・ケアプラン作成ツールとしても評価が高いです。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録