介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

DCM(認知症ケアマッピング)(でぃーしーえむ)

イギリスで開発され2005年ごろから日本でも紹介された「認知症ケアを向上させる」手法。
認知症の人の行動パターンを専門研修を受けた人(マッパー)が一つ一つ点数化していき、その人がなぜそういう行動をとるのかを分析しながら、
その人の気持ちに立ったケアに活かしていくというもの。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録