介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

5年生存率(ごねんせいぞんりつ)

腫瘍が、外科的摘徐、放射線療法などにより見かけ上いったん消失した後、再度発生することを腫瘍再発という。
再発は治療後1~2年以内に起こることが多く、治療後5年間腫瘍の存在がみられなければその後の再発はまれである。
このためガン統計では5年生存率が重視される。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録