介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

3-3-9度方式(さんさんくどほうしき)

意識レベルの尺度として用いられる「Japan Coma Scale(JCS)」の通称。
覚醒状態の程度により意識レベルを大きく3段階に分け、さらにそれぞれを3つに細分化し、合計9段階で表したもの。数字が大きいほど重症。

I 覚醒している状態(1桁の点数で表現)
  1:見当識は保たれているが、意識清明ではない。
  2:見当識障害がある。
  3:自分の名前、生年月日が言えない。

II 刺激に応じて一時的に覚醒する状態(2桁の点数で表現)
  10:普通の呼びかけで容易に開眼する。
  20:大声で呼びかけたり強く揺すったりすることなどで開眼する。
  30:痛み刺激を加えつつ、呼びかけを続けると辛うじて開眼する。

III 刺激をしても覚醒しない状態(3桁の点数で表現)
  100:痛みに対して払いのけるなどの動作をする。
  200:痛み刺激で手足を動かしたり、顔をしかめたりする。
  300:痛み刺激に全く反応しない。
R(不穏)、I(失禁)、A(自発性喪失)などの付加情報を合わせて、「3-R」、「JCS100-I」などと表す。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録