介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

認知症対応型共同生活介護(にんちしょうたいおうがたきょうどうせいかつかいご)

グループホームと一般的に呼ばれているタイプの介護の仕方です。5人以上9人以下、軽度~重度の認知症高齢者とスタッフが共同で生活をします。この介護方法の特徴は入所者ができることは、全てやってもらう、ということにあります。スタッフは最小限の手助けをしますが、利用者本人の役割を妨げるような手助けはしません。居宅サービスの一環ですが、要支援者は利用することができません。3種類のタイプに分けられます。併設型:老人施設、病院等に併設しているタイプ 単独型:一戸建てを生活環境として利用するタイプ 合建型:マンションやビルなどの一室を利用するタイプ

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録