介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

盗られ妄想(とられもうそう)

お金や物を、誰かに盗られたと訴える妄想のこと。妄想とは非現実的なことを信じて疑わないこと。痴呆性老人が介護者を「泥棒!」と言い張ったりする。泥棒とされる相手は介護者、家族やヘルパーなど熱心に介護している人に多い。本人の人間関係が乏しく、介護だけの関係の場合によく起きる。介護をされているということに対する心理的負担――自分が相手に負担をかけているのではなく、自分が相手に負担をかけられているのだと信じ込むことにより、打ち消しているとも考えることができる。妄想を異常とみなすのではなく、どうしてその妄想が必要なのか、という点を理解し、それを改善することにより、妄想をなくそうとするのが介護の方法として重要となる。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録