介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

日常生活自立度(にちじょうせいかつじりつど)

日常生活でどれくらいの自立度を維持しているかを測定するための指標。
要介護認定調査員テキストなどで、その基準は示されている。
その度合いによって、1から4、それ以上の精神症状が見られる場合のMというランクに分けられる。

以下、厚生労働省より抜粋。

「日常生活自立度(寝たきり度)」とは、「障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」(平成3年11月18日厚生省)による以下の区分である。
 (1)ランクJ : 何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する。
 (2)ランクA : 屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしに外出しない。
 (3)ランクB : 屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保つ。
 (4)ランクC : 1日中ベッド上で過ごし、排せつ、食事、着替において介助を要する。

※寝たきり者とは、ランクBとランクCをあわせた者をいう。

「痴呆の状況」とは、「痴呆性老人の日常生活自立度判定基準」(平成5年10月26日厚生省)による以下の区分である。
 (1)ランクI : 何らかの痴呆を有するが、日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している。
 (2)ランクII : 日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる。
 (3)ランクIII : 日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さがときどき見られ、介護を必要とする。
 (4)ランクIV : 日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする。
 (5)ランクM : 著しい精神症状や問題行動あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録