介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

排泄ケアの環境アセスメント(はいせつけあのかんきょうあせすめんと)

まずは要介護者がトイレに行けるような環境を作ることが重要になります。尿意や便意がないという判定は、脊髄損傷や意識障害、または努力をしても感覚が戻らない場合などに限られます。1.起き上がりを保障しているか □ベッドの幅が98cm以上あるか □マットが柔らかすぎず、起き上がるのに十分な床反力があるか □仰臥位→片膝立ち→座位の生理的動作を指導しているか 2.立ち上がりを保障しているか □ベッドが高すぎ、足が床につかないことはないか □移動用バーがとりつけてあるか □足を引き、十分に前かがみになるという生理的動作指導をしているか 3.ポータブルトイレが使えるか □介護用のものであるか。 4.車椅子から便器の移乗を保障しているか □車椅子を便器へスムーズに移乗できるよう調節してあるか 5.トイレが使えるか □便器への移乗が可能か [[排泄ケア]]

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録