介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

地域福祉権利擁護事業(ちいきふくしけんりようごじぎょう)

知的障害者や精神障害者、認知症高齢者など、判断能力が低下している人たちの権利を守ることを目的とした事業のことです。障害があっても、自らの意思で福祉サービスを選び、適切な権利行使をすることを支援する事業で、1999年に創立されました。2000年の社会福祉事業法の改正により、「福祉サービス利用援助事業」と法制化されると同時に、地域のNPO団体などでも要件を満たせば、実地主体になることが可能になりました。社会福祉協議会などに寄せられた相談の中から、支援が必要と認められた本人が、自分の意思で希望する場合、契約により有料でサービス利用に関する相談、助言、日常的金銭管理、書類保管など援助をお子に増す。これらのサービスに関する実務を行うのは、社会服協議会の場合、専門の生活支援員になります。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録