介護保険請求ソフトはカイポケビズ

カテゴリから探す

用語を追加する

用語詳細

任意後見制度(にんいこうけんせいど)

成年後見制度のひとつです。判断能力が不十分になった場合を想定して、あらかじめ残債管理などの代理人を立てておく制度です。判断能力が不十分な場合には、法定後見人制度があります。本人に判断能力がある間に認知症、知的障害、精神障害などにより、判断能力が不十分になった場合に備え、財産管理や身上看護等の後見事務に関する代理人契約を結びます。公証人作成による公正証明であることが絶対です。

ケアマネドットコムは介護支援専門員・ケアマネージャーのケアマネジメントを応援する
ケアマネージャー専用のコミュニティサイトです。

会員登録