ケアマネドットコム > 記事トップ > 使って実感! 便臭・尿臭に効く“介護専用消臭剤”の実力は!?

日付:2013/08/09  カテゴリ[特集]  閲覧数[76846]

使って実感! 便臭・尿臭に効く“介護専用消臭剤”の実力は!?

ケアマネなら誰もが感じたことがある在宅介護特有のイヤ~な排泄臭。換気しようが掃除しようが、染み付いたガンコなニオイはなかなか取ることはできません。
排泄臭対策に困っているご利用者家族は多いものの、その相談に対して約8割ものケアマネが「自信を持って回答できていない」という状況も明らかになっています前回記事参照)。

そんな中、排泄臭に効くという新製品が注目を集めています。それが介護用品大手のピジョン株式会社が開発した「香り革命」。
これはニオイそのものを香りに変化させるタイプの介護専用消臭剤で、尿臭や便臭のような在宅介護につきもののイヤなニオイ成分を良い香りの要素の一つとして利用するため、イヤ なニオイを根本からなくすことができ、長く効果を感じられます。

図1
介護専用消臭スプレー 「香り革命

今回は、現役ケアマネである佐藤さん(仮名)にご協力いただき、佐藤さんの担当ご利用者2世帯の方々に実際に使っていただきました。
使用後の満足度調査で8割もの介護者が「満足」と回答した介護専用消臭スプレー、その実力はいかに!?

体験談その1
ウンチつきティッシュから漂うニオイ……
→ 遠のきはじめた家族との距離も元通りに

図2

【Aさんのプロフィール】
69歳、男性。一人暮らし。近所に家族が住んでいる。
認知症を患っており、要介護5。オムツが大嫌いでオムツはずしが家族やヘルパーらの主な悩み。


Aさんは、今年2月までは自立排泄ができていました。しかし重度のやけどを負ったことにより片麻痺になり、寝たきりになってしまったんです。現在は右手がかろうじて動く状態です。

オムツをしていても、排便をオムツでするのが不快なのかすぐに右手ではずしてしまうんです。そして手元にあるティッシュでお尻を拭いて、拭いたティッシュをごみ箱に投げるんですが、ごみ箱がすぐにウンチつきのティッシュでいっぱいになってしまうんです。

部屋中ティッシュから漂ってくる便臭でいっぱいになり、家に入ると同時にものすごく強烈な排泄臭が漂ってくるようになってしまいました。ご本人はまったく気にされていないのですが、ご家族が参ってしまって……。
それまで1日2回来ていた足が遠のきはじめ、ケアマネとして「これはマズイ」と、良い方法を探していたところでした。

そんな時にちょうど「香り革命」のサンプルをいただいたので、許可をいただいた上で使用を開始しました。1週間毎日使用したんですが、短期間で驚くほどイヤなニオイがなくなり、私含めご家族やヘルパーもとても喜んでいます。

基本的な使い方として、ヘルパーが訪問する1日3回のタイミングでごみ箱周辺を中心にスプレーしてもらい、あとはご家族が気づいたときにスプレーする、という感じでした。

驚いたのは、時間が経ってもいい香りがキープされていたこと。それまでいかにも「介護している部屋」のニオイだったのに、使い始めてからはほんわかとしたいい香りが漂ってきて、なんだかステキな女性の部屋にでも来たような錯覚に陥ることも……(笑)。
それはさておき、とても介護しているとは思えない部屋の香りになっていて本当にすごいと思いました。

おかげでご家族の訪問頻度も以前より多くなって、ご家族とAさんの交流機会も増えました。

体験談その2
換気もできない独居生活から、排泄臭が消えて心が晴れやかに

図3

【Bさんのプロフィール】
86歳、男性。一人暮らし、要介護3。車で2時間ほどの距離に家族が住んでいる。
心不全で入院し、退院のタイミングから支援開始。自宅は1階が工場で2階が事務所兼住居。トイレは1階に1つだけ。


Bさんのお宅は2階建てで、1階は工場で2階が事務所兼住居という環境です。
トイレは1階に一つあるのみで、足が弱いBさんは2階にポータブルトイレを置いて用を足していました。
支援を開始する際に2階にもトイレを作ろうという話が出たんですが、費用がかかりすぎてしまうため断念せざるを得ませんでした。

Bさんは意識がしっかりされているので、ヘルパーには1日1回、掃除や洗濯など身の回りの世話をしていただいていました。そのタイミングでポータブルトイレも清掃していたんですが、翌日まで丸1日排泄物がそのまま残ってしまうため、蓋を閉じてもひどい排泄臭で…。

想像以上のひどいニオイにBさんもすっかり落ち込んでしまって、それまで見せていた笑顔もすっかりなくなってしまいました。
これまでの経験から、気分がふさぎ込んでしまうと行動も抑制されてしまい、結果的に介護度が進行してしまうケースがあるとわかっていました。

ですのでBさんに関しても、ニオイ問題が介護度進行に発展してしまわないかご家族ともに非常に心配だったんです。
しかし「香り革命」を試していただいたら、1~2スプレーするだけでイヤなニオイがパッと消えて、一瞬でいい香りに変化して……あの時のBさんの嬉しそうに驚く顔はいまでも忘れられません。

一番実感したのは、それまで使っていた一般的な消臭剤とは効き目がまったく違うという点です。
一般的な消臭剤のときは、スプレーしても排泄臭に香りが加わるだけで、ニオイを元から断つという感じではなかったのですが、「香り革命」は、スプレーすると不思議といい香りになって、排泄臭と香りが混ざった感じがしませんでした。


スプレーするのが楽しいみたいで、今ではトイレだけでなくごみ箱とかいろんなところにスプレーして歩き回っていますよ。
部屋の中を快適に保つことができるようになって、スプレーするという新たな日課ができたので、それが結果的に介護予防になっているのかもしれませんね。

Bさんにとってはかなりいい商品だったようで、「これからも使い続けたい」とおっしゃっていました。 そんなBさんの姿がご家族にも元気を与えたようで、「とても助かりました」との言葉をいただきました。

▼ 今回使用した商品はこちらです▼ 
図4

ご利用者さんとご家族の反応を見て、佐藤さんのご感想は?

正直なところ、始めは「消臭剤なんてどれも一緒でしょ」と思っていたのですが……、意外なほどの効き目に驚いています。

ケアプランに消臭剤をスプレーしてもらうことを明記したので、ヘルパーの方も忘れずにスプレーしてくださいましたし、ご利用者さん、ご家族のお話を聞いていると、今までの消臭剤よりもニオイのお困りが軽減されたんだなと感じています。

家族と同居していても満足するニオイ対策ができていない家庭は多いですし、ニオイ問題が原因でうまくコミュニケーションがとれなくなってしまうケースもあります。
これが一人暮らしだと、なおさらニオイ対策がおろそかになり、ひどくなると人が訪れなくなり孤立してしまう・・・なんてこともあります。

そういう意味では、こういった商品を使うことでご利用者さんとご家族の距離が縮まるし、介護保険費用の上限の関係でヘルパーをいっぱい入れたくても入れられない時なんかにもすごく助かるでしょうね。
ニオイがなくなれば人も来るようになるし、介護するご家族の精神的な負担も減る。さらにコミュニケーションが増えることで、ご利用者さんのADL向上にもつながるのではないかと思います。

目の前のご利用者さんとご家族が困っている悩みに真摯に向き合い、ケアマネとして適切な対応をすることが必要です。
その一歩として、こういった商品に関心を持っていくことが大切なのではないかと思います。

▼ より詳しい「香り革命」の説明を見る ▼ 

香り革命商品ページへ







印刷する
オバサン度オジサン度チェック